トマト農家の日々をお伝えします。


by umaumatomato

<   2010年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

トマトランキング

 東京にありますセレブデトマトさんが行っているトマトの味比べで、我が家の「深層水トマト」が、2位になりました。(^^) 「2位じゃダメなんですか?」って突っ込まれたら、「2位でも嬉しいです。」になりますね~。
 セレブデトマトさんとは、5月末にトマトをお送りしてからのお付き合いなので、今後はどうなりますか?乞うご期待というところです。6月になると、どこの産地もフルーツトマトの品質が急に落ちだすため、良い物が少なくなってきます。そんな、背景もあるのかもしれませんが、ここは、素直に喜びたいと思います。「1位を目指さないの?」 
 1位のアメーラさんは、我が家の30倍もある一大農家集団で、6月になると軽井沢での栽培がメインとなってきます。高地が産地となると、我が家にはなかなか太刀打ち出来ません。(T_T) しかし、我が家も黙っていませんよ。(^^) 7月から始まる新しい作では、又新たな挑戦を開始します。皆さん、10月のトマト、期待してお待ち下さい。
[PR]
by umaumatomato | 2010-06-17 07:50 | トマト

究極のトマトジュース

 トマトジュースを作りに、長野県飯田市に有ります小池手造農産物加工所まで行って来ました。(^^)
b0178923_22244850.jpg

自分でもトマトジュースは作っていたので、大体の工程は解っているつもりだったのですが、プロの仕事は、想像を超えていました。
b0178923_22282799.jpg

プロは、トマトの半分をジューサーでつぶして鍋に入れ、他の半分はそのまま鍋へ。切る手間を省きつつ上手に火を通していきます。火が通りドロドロになると漉し機にかけて、これで終わりかと思いきや、ここでプロの技登場! もう一度鍋へ戻し、約20分間煮詰めるのです。この間、アクを徹底的に取り除きます。
b0178923_22393852.jpg

この工程を施すことで、濃厚なのにすっきりした味わいのジュースに仕上がるのだそうです。出来上がりを飲ませていただきましたが、もう「美味い!」としか言いようがありません。スパーサイヤ人に変身した孫悟空のよう。糖度も10度を超えており、「甘みと酸味がちょうど良い、美味しいジュースになりましたねー。」って、担当者にもお褒めを頂きましたよ。(^^)
その後ビン詰めされて冷却そうへ。で、ハイ出来上がり!8時から始まった作業は、11時には終了。
b0178923_2333781.jpg

深層水トマトと小池さんのコラボは、最高のタックル!究極のトマトジュースが出来上がりました。(^^)
 ここで、お詫びです。m(__)m お伝えしていたトマトジュースの価格、改定させていただきました。m(__)m  煮詰める工程が増えたことで、出来上がるジュースの量が当初の予想より1割ほど少なくなってしまいました。なので、価格も1割ほどアップしています。どうかご了承下さい。本日以前にご予約頂いたお客様には旧の価格でお送り致しますので、宜しくお願いいたします。
[PR]
by umaumatomato | 2010-06-09 23:23 | トマト

朝練

 今年は、5月15日より始まりました。消防団の操法大会へ向けての練習です。毎朝5時半より1時間。
b0178923_7544432.jpg

朝の涼しい時間帯、トマトの作業にはもってこいの時間帯なのですが、団員の結束力強化と消火要領を覚えるには、欠かせない練習なのです。恥ずかしながら、本年より私が分団長をおおせつかりまして、いっそう力が入るのであります。しかし、消防団には、多くの問題が山積みなのであります。防災意識の高まりから、消防団員に掛けられる役割は、年々増加していますが、冷え込む経済により、企業の消防団員に対する理解は薄れていますし、何より若者がまったくの無関心!団員の勧誘が、大変難しくなってきています。若者、企業に理解される、時代にマッチした消防団活動とは?大きな問題なのであります。(T_T)
[PR]
by umaumatomato | 2010-06-03 08:09 | 地域